「農福連携」、知ってる?

 「農福連携」は、「少子高齢化に悩む日本の社会の解決の糸口となってくれる政策」と今注目を集めています。今回は、今後も拡大していくであろう「農福連携」をわかりやすく説明します。

農福連携とは?

 農福連携とは、高齢化や人口減少による担い手不足や耕作放棄地の増加、また、障がい者の働く機会の確保など、このような問題を抱える農林水産業と福祉分野が連携し、お互いの問題を解決しようということを目的とした取り組みです。

具体的な取り組み

 簡単に言うと、「障がい者が農業をする」という仕組みを生み出していこうという取り組みです。農家は働く場を提供します。代わりに障がい者は働くという役割を果たし、収入を得ます。農家は新たな担い手、労働力を確保でき、障がい者は働く機会を得ることができます。

農福連携のメリット

 お互いの問題を解決し合うと同時に、農家、障がい者に良い相互作用が働いています。それではそれぞれの視点からのメリットを見てみましょう。

障がい者の視点

  • 働く機会の確保
  • リハビリ効果
  • 障がい者について知ってもらう機会の増加

 リハビリ効果については、身体面だけでなく精神面にも効果が出ています。具体的に言うと、地域の人とコミュニケーションをとるため「挨拶ができるようになった」といった効果が出ています。

 また、「障がい者は十分働ける」「身近で役立つ存在である」という認識を広めていくことができます。これは就労機会の増加にもつながりますね。

農家の視点

  • 人手不足の解消
  • 地域間コミュニケーションの確保
  • 地域の活性化

 働き手の不足という大きな課題を解決できるのは一番のメリットです。同時に農業が活性化し、地域活性化へとつながります。

改善点

 農福連携は、双方にメリットの出るとても良い政策ですが、拡大していくのにはまだ問題が残っています。それでは、とくに解決しなければいけない点を見てみましょう。

農福連携の解決すべきところ

  • 障がい者の指導を行う人材の確保
  • 製品の販売先の確保
  • 農福連携の認知の低さ

 障がい者の方を雇うには専用の指導者が必要になります。農福連携のモデルケースはまだ多くはありません。こういった取り組みを進める技術者、および指導者の確保が必要となります。

まとめ

  • 農家、障がい者それぞれの問題を解決できる
  • 認知が不足している
  • 指導者が必要

 農福連携は、これからますます高齢化が進む日本での農業の担い手不足を補うとても良い政策です。農業、福祉の抱える問題を解決する糸口として、県や自治体を主体に、この政策が広まるといいですね。

harukata

「大学では何をするんだろう?」「実際の授業はどんなの?」と思っている方のために大学の授業内容や、現役大学生に向けて、知っておくべき社会の問題などを主に紹介しています!将来に少しでも不安を感じている方の力になれれば幸いです。

シェアする